スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
写真
2006 / 12 / 24 ( Sun )
どうも、久々です。

MerryChristmas!!
皆さんはいかがおすごしでしょうか?

外はめっちゃ寒いですが、ボクが住んでるところは今まで生活していた福岡や大阪とは若干街の雰囲気が違います。

すいません大きく違います。

街灯が少ない。夜の人通りが多くないから。
そして、街のイルミネーションが極端に少ない。ショーウインドウも。
おかげで、クリスマスの雰囲気を感じることがない。
こんなこと今までで初めてで、何か変な感覚です。笑

っていっても一応新幹線は止まるくらいのとこなんですがね。

ここからが本題。
写真を撮ることが好きな僕。
今日は時間があったから、学生時代から撮ってきた多くの写真を振り返ってみました。

当時の写真を見ると、どれも楽しそう。
今ももちろん、自分自身で楽しむ手段を見出してそれなりに生活しています。
今との、決定的な違いは、
「恐れるものなく、楽しんでいる」
全ての写真がそうとは言えないですが、これに当てはまるものが相当数。
「恐れるものなく」ということは、ボクのなかでは色々な意味合いがあります。

・学生ということで勢いがあった。(時間的余裕、精神的余裕)
・今と比べると何事にも想いを巡らせていなかった。(楽観的だった)
人の気持ちをしっかり汲んでいなかった。(自己中心的だった)

3つ目が1番大きな「恐れるものなく」の意味だと自分では解釈しています。

今、多くの知人に謝罪・感謝したい。

実際、学生時代、自分自身誰とでも上手く付き合っていける能力がありながら、言い方は悪いですけど、自分の中で分類している部分がありました。
「楽」がしたかったからかもしれません。

この考えは、今となっては完全に消えました。
誰とでも上手くつきあえるなら上手くつきあおう。
つきあえますしね。相手次第だと思います。

自分がダメージ受けたくないとしたら、まずは自分が多少犠牲になってでも、他人を大事にしないといけない。大事にする!
どんなことでもこの考えは筋が通ると思います。

「愛されたいなら3倍愛せ。」
「頼られたいなら、自分が3倍努力しろ。」

こうなれたのも、大阪から離れて、完全アウェイな関東で毎日仕事して生活しているからなのかもしれません。

挫けそうになるときもあります。
実家帰れば、飯も毎日出てきて楽。
大阪行けば、知り合いも多いし、慣れた土地で楽。
と考えることもある。が、もしこうなったら成長できない気します。

何でも「楽」に逃げてしまうと結果は悪い。
自身の経験上そうでした。

今住んでいる土地では、ボクが今まで住んできたところの話しをしても全く通用しません。本当に全くです。
梅田も難波も知りません。阪急もナビオも……
こちらの人柄、風土に合わせていかないと自分も上手くやっていけない。
こちらの人にとっては、ここがスタンダード。ここがマイワールドなんです。
「適応力なきもの散る」というくらい西と東は違うんだとひしひし感じます。

どこで生活するにも正当性を!
ここに来て、まだまだですが、また視野を広げられたかもしれません。
色んなところに住んで、いろいろな人と知り合うことってプラスになることが多いはず。

将来、どこに行ってもマイワールドを作らない、何でも許容できる人になりたいと思う。

写真をゆっくりと見続けていると、久しぶりに感傷的な気持ちに駆られました。(もちろん涙はながさないですが。)

写真は残してくれる。
その時があったっていう事実を記録する。
と同時に、確実に記憶させる。

写真のおかげで、今日こういう気持ちを感じることができました。

年末年始は11連休。
忘年会でたくさんの人に会えるな。
この機会に友達らにも会えるし、気分転換できれば。

「楽」しすぎんように気ーつけよ。
あと金の使いすぎにも気ーつけよ。
おごってって言われたら…使いすぎるかも。笑
スポンサーサイト
00 : 48 : 02 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ゆとり | ホーム | 風のように過ぎました。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://tamotamo.blog13.fc2.com/tb.php/165-89d188ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。